「ライフボート・イン・ア・ボックス」

「ライフボート・イン・ア・ボックス」について

アトランティック・パシフィック独自の「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、 死、洪水、自然災害に見舞われやすい世界中の地域に、特注の救命ボート・ステーション、専用の救命ボート、捜索救助訓練、ボート建造の専門知識を提供することで、耐え難い状況に陥った際に、救命ボートと乗組員が必要な人々を救助するために配置されています。

デザイン

輸送用コンテナの形をしたアトランティック・パシフィック独自の 「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、世界的な問題を解決するための独創的なソリューションであり、救命ボート・ステーションの基本的な設備を輸送可能な自己完結型ユニットで提供します。

すべての「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、それを受け取る地域や地理的な問題に合わせて特別に設計されています。

トレーニングプログラム

アトランティック・パシフィックの「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、ボートとステーションの操作方法について、地域のコミュニティのための集中的なトレーニングプログラムが付属しています。 私たちのインストラクターは、地域の乗組員と協力して、最終的にはトレーナーになるためのスキルを向上させます。

また、「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、地域の乗組員が採用され訓練を受けている間にも、アトランティック・パシフィックの乗組員が一定期間ステーションを運用することができます。

画像 (c): Laura Lewis

特注のボート

すべてのアトランティック・パシフィックの「ライフボート・イン・ア・ボックス」には、私たちがウェールズで設計・製造した特注のボートが付属しています。 私たちの専門技術者は、小型ボートを建造し、テストし、改良することで、その地域や水域の目的に合ったボートの設計に取り組んでいます。

現在、日本の津波被災地での最初の「ライフボート・イン・ア・ボックス」のために建造されたハーン・クラスのボートは、船首から船尾まで4.8m、幅1.8mで、喫水30cmしかありません。 V字型の船体は、スピードとゴムチューブ(スポンソン)の安定性を兼ね備えており、大きな波にも安心して乗ることができます。

画像 (c): Laura Lewis

造船技術

アトランティック・パシフィックの「ライフボート・イン・ア・ボックス」は、水難救助の即戦力となるだけでなく、成長の種にもなれます。 私たちの専門技術者は、「ライフボート・イン・ア・ボックス」を受け取った地域社会と協力して、その地域で調達できる素材を使ってレスキューボートを作る方法を人々に訓練しています。

アウトリーチ

私たちの教育支援チームは、地域の子供たちや保護者と協力して、溺死のリスクを減らすために水の安全に関する重要な問題に焦点を当てています。 これは、近隣の都市やコミュニティにライフボートと訓練を受けた乗組員を提供するためのプログラムである「ライフボート・イン・ア・ボックス」の長期的な目標を達成するためのものです。

歴史

「ライフボート・イン・ア・ボックス」は当初、津波の被害を大きく受け、私たちが2016年に最初の「ライフボート・イン・ア・ボックス」を設置した釜石市でのプロジェクトの一環として構想され、開発されました。 このプロジェクトは現在、さらに長期的なプロジェクトの種となり、現在は既存の施設と同じ地域に「海の安全センター」を開発中です。

画像 (c) 2011 Digital Globe

© Atlantic Pacific 2021. All Rights Reserved.